子育て

妊婦さんはカフェインに要注意!カフェインの危険性と1日に摂っていい量って?

妊娠したらコーヒーは控えるようにって言われませんか?
コーヒー好きからしたら非常な宣告ですよね...

でもコーヒーに限らず、カフェインが含まれる飲み物全般に言えることです。

妊婦さんにはカフェインは危険

というのはよく聞きますが、そんなに危険なら飲んじゃダメなの?
なんて疑問に思うことがありますよね?

なので今回は
カフェインの危険性と1日に摂っていい量の目安なんかを紹介していきます。

カフェインの危険性

カフェインが危険っていうことはみんな知っていることだけど、なんでそんなに危険と言われることがあるのか。

最初に言っておきますが、
妊娠中でも適量を飲む分には問題はありません。

危険だからという言葉だけが先行して飲んではいけない物だという認識になっていることが多いですが、正しい量を守っていれば怖い物ではありません。

カフェインってなに?

そもそもカフェインってなに?

代表的なものは、コーヒー豆・カカオ豆・茶葉に含まれる成分のことをいいます、
中枢神経を興奮させて、眠気覚ましや集中力を高めるといった効果があります。

コーヒー・紅茶・チョコレートに含まれていることは周知のことですがそれ以外にも、コーラ・栄養ドリンク・玉露なんかにも含まれています。

どんな危険性があるの?

過剰摂取してしまうとめまい・吐き気・下痢・嘔吐・震え・心拍数増加といった症状がでてきます。

妊娠中はこれ以外に

  • 流産や早産
  • 低出生体重児(2500g未満の新生児)
  • 発達障害

といった危険なリスクがあります。

なぜこういうことが起こるのか、妊娠中はカフェインの分解に時間がかかります。
とくに妊娠後期には分解速度が1/3にまで低下します。

そのため胎盤を通して赤ちゃんにもカフェインが届きやすく、肝機能が未発達の胎児にはカフェインは分解できず体内にどんどん蓄積されていき血流の妨げになってしまいます。

タンニン』にも要注意!
タンニンとはポリフェノールの一種で、鉄の吸収を妨げる性質があります。

は胎児にとって脳の発達にとても大事な栄養素
妊娠中はただでさえ鉄分不足になりやすいのにカフェインの摂り過ぎでさらに不足する可能性があります。

さらにさらに、カフェインには利尿作用がありカルシウムを尿と一緒に排出してしまいます。
鉄分とカルシウムが不足するなんて妊娠中は避けたいことです。

怖いことを言っていますが、過剰摂取しない限りこんなことは起こりません。

1日の摂っていい量の目安

カフェインの危険性が分かってきたところで、それじゃあ1日どれぐらいなら摂っても大丈夫なの?

日本では1日のカフェイン摂取量の明確な基準があるわけではないですが、海外の基準では1日200mgまでなら大丈夫だと言われています。

コーヒーでいうなら1日1杯、多くても2杯までって考えてもらったらいいと思います。

カフェインの目安表

玉露  160mg/100ml 
コーヒー    60~80mg/100ml 
缶コーヒー 50~100mg/本 
紅茶 30mg/100ml 
お茶(ウーロン・玄米)    10~20mg/100ml
抹茶     70~130mg/100ml
ココア  10mg/100ml  
 コーラ     10~20mg/100ml
栄養ドリンク    30~50mg/100ml
眠気覚ましドリンク      100~150mg/100ml
ダークチョコレート    60~120mg/100g

 

商品・メーカーによって異なります

少量ならリラックス効果も

産まれるまで好きなことをガマンすることはストレスが溜まっちゃいますよね。

妊婦さんにとってストレスは大敵

飲みたい物を無理にガマンしてストレスが溜まってしまえば母体に良くないです。
カフェインだって量をまもっていればリラックス効果もあっておすすめです。

飲む時の注意点

  • 飲むなら夕方まで

カフェインには脳を覚醒させる作用があるので、寝つきが悪くなって睡眠不足になってしまうことがあります。
飲むなら夕方までにしておきましょう。

  • 体が冷えてしまう

カフェイン自体が身体を冷やす作用があって、内臓の働きが鈍くなって冷え性が悪化してしまう可能性があります。
なるべくホットで飲むようにしましょう。

おすすめの飲み物

ノンカフェイン・カフェインレス

カフェインが入っていない・カフェイン量が少ないものをいいます。

コーヒー

1日1杯じゃ足りないって人にはカフェインの少ないものを選びたいですよね。

カフェインレスコーヒーなら、コーヒーの香りを残しながら「コーヒーを楽しんでる~」って満足感があります。

もし飲みたくなったら、こんなものがおすすめです。

UCC おいしいカフェインレスコーヒー ドリップコーヒー(50杯分)

紅茶

『コーヒーじゃないからいっぱい飲んでも大丈夫だよね♪』

なんてことはないですからね!!

コーヒーにカフェインは常識ですが、お茶にも気を付けて下さいね。
緑茶にはコーヒーの約3倍、紅茶には約1/2のカフェインが含まれています。

気付かないうちにカフェイン摂取を積み重ねている場合があるので成分表を注意して見る癖をつけるといいかもしれません。

紅茶も安心して飲める物もあります。

created by Rinker
¥498
(2022/09/26 12:25:09時点 楽天市場調べ-詳細)

ルイボスティー

妊婦さんの味方『ルイボスティー』!!

なにがうれしいって含まれる成分
亜鉛・鉄・カルシウム・ミネラル・ナトリウム・マグネシウム・マンガンなどの妊娠中に必要なさまざまな栄養素が含まれています。

もちろんカフェインは含まれていませんので、安心して飲めます。

でも、カフェインがないからって飲み過ぎには注意してください。
1日に何リットルも飲んでしまうと腎臓に負担がかかります。

そうすると処理が追いつかなくなり、体内のミネラルバランスが崩れて低ナトリウム血症を引き起こす場合があります。

なので、1日500mlを目安にしてください。

最後に

どうでしたか?
妊娠中だからってなにもそんなにガマンすることないんです。

1日200mg

これを守っていたら妊婦さんでもストレスを感じることなくリラックスして過ごせると思います。

それでも心配って人はなにも無理して飲むことないので、カフェインの入っていない麦茶やルイボスティーなどを飲むことをおすすめします。

なにを信じたらいいか分からなくなった時にこの記事が皆さんの参考になったら幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!